#しんハムの戯言 ~ 2014年下半期

折々に思いついたことをメモ代わりにハッシュタグ「#しんハムの戯言」をつけてツイートしています。2014年下半期にツイートしたものをまとめてみました。

  1. いつまでも「教わる」ことや「学ぶ」ことに満足していてはいけない。自ら考えることが大切
     
  2. ちょっと視点を変えてみれば、いくらでも機会はある。ないなら、自分で作ればいい。作れないなら、そこまでの気持ちがなかっただけのこと
     
  3. 「読んだ」、「教わった」だけじゃ本当に出来るようになったわけじゃない。「書いてあるようになぞる」ことが出来るようになっただけ。そこから先は自分次第
     
  4. 今の自分、明日の自分にとって何が大切か。決して間違えないこと
     
  5. 今日まで正しかったことが明日も正しいとは限らない
     
  6. 過去の成功は未来の成功の妨げになりやすい
     
  7. 読むこと、書くこと、訳すこと。どれもこれも量をこなさないと上手くはならない
     
  8. ブログであれ他のSNSであれ、自分の専門、出来ること、好きなこと、やりたいことをアピールしつづけることが大事
     
  9. 効率化すべきは作業環境ではなく、翻訳をする頭の中身
     
  10. 人のネットワークは規模ではなく質。質が高まれば自然に規模は拡大する。多様性を持たないネットワークは広さも深さもなく、自然と崩壊する。まあ、同レベルの身内で固まっちゃいけないってこと
     
  11. 基本を知らずに高度な技術を覚えようとするのは、鍍金を重ねるようなもの。今はどんなに綺麗でもいつかは剥がれ落ちる
     
  12. 考え抜いた結果、シンプルな結論になる
     
  13. 本人が気づいていない生半可な知識って、役に立つどころか害になることが多い
     
  14. 問題はどれだけ実践し自分のものにできたかということ
     
  15. 最初の一歩を踏み出す人であろうとすること…
     
  16. ほどほどの「ぬるさ」も大事
     
  17. 求めて得られるものなんて高が知れている 
     
  18. どれだけ優れたプロトコルでも、運用する人次第
     
  19. どーして自分で調べるとか考えるとかできないんだろう。人に訊いてばかりじゃ、いつまで経っても理解できないよ
     
  20. 付加価値を付けると言うのは簡単だけれど、その価値はどう測るの? 自分が付加価値と思っているだけで、相手はそう思っていないかもしれない
     
  21. アウトプットできなければ理解していることにはならない
     
  22. 自ら道を拓く者であれ 

誰かに向けてツイートしたものではありません。あくまでも自分のためです。その場で思いついたことをつぶやいているだけですので、意味のないものがほとんどです。それでも、一度見直してみると、何か再発見するものがあるかもしれません。

では、また。

コメント