翻訳事典2018年度版

alchonyaku2018

発売日より1日遅れで無事にアルクさんの「翻訳事典2018年度版」が到着しました。すでに多くの方がSNS上で紹介されています。

ざっと見て、まずその内容の濃さに驚きました。2016年に行われたセミナーや勉強会の内容、翻訳者さんの記事、どのページをめくっても質が高く有益な情報が飛び込んできます。地方からではなかなか参加しにくいセミナーが凝縮された内容でいくつも紹介されています。おそらく、この2018年度版は翻訳事典の最高傑作ではないかと感じました。表紙には「翻訳者になりたい人の必読書」とありますが、これはもう

全翻訳者の必読書

ですよ。まだ購入していない人で翻訳が上手になりたい人は、絶対に

買い

です。

(念のため、これは提灯記事ではありません。)

ということで、これからこのムック本を付せんとマーカーだらけにしようと思います。

通訳者・翻訳者になる本2018

tuhon2018

本日(28日)通訳・翻訳関連のムック本が2冊発売されました。イカロス出版さんの「通訳者・翻訳者になる本2018」とアルクさんの「翻訳事典2018年度版」です。2冊とも予約購入して、今日到着したのは「通訳者・翻訳者になる本2018」だけ。「翻訳事典2018年度版」は明日到着予定です。

「通訳者・翻訳者になる本2018」はそのタイトル通り、通訳や翻訳の仕事を始める前または始めたばかりの方を対象にした内容です。とはいえ、業界情報、インタビューなど、プロの方でも楽しめる内容です。

今日はざっと目を通した程度ですが、久しぶりに知り合いがほとんど載っていないという新鮮さがありました。斉藤隆央さんのインタビューとエージェントリストは、ゆっくりと読もうと思います。