翻訳事典2018年度版

alchonyaku2018

発売日より1日遅れで無事にアルクさんの「翻訳事典2018年度版」が到着しました。すでに多くの方がSNS上で紹介されています。

ざっと見て、まずその内容の濃さに驚きました。2016年に行われたセミナーや勉強会の内容、翻訳者さんの記事、どのページをめくっても質が高く有益な情報が飛び込んできます。地方からではなかなか参加しにくいセミナーが凝縮された内容でいくつも紹介されています。おそらく、この2018年度版は翻訳事典の最高傑作ではないかと感じました。表紙には「翻訳者になりたい人の必読書」とありますが、これはもう

全翻訳者の必読書

ですよ。まだ購入していない人で翻訳が上手になりたい人は、絶対に

買い

です。

(念のため、これは提灯記事ではありません。)

ということで、これからこのムック本を付せんとマーカーだらけにしようと思います。

通訳者・翻訳者になる本2018

tuhon2018

本日(28日)通訳・翻訳関連のムック本が2冊発売されました。イカロス出版さんの「通訳者・翻訳者になる本2018」とアルクさんの「翻訳事典2018年度版」です。2冊とも予約購入して、今日到着したのは「通訳者・翻訳者になる本2018」だけ。「翻訳事典2018年度版」は明日到着予定です。

「通訳者・翻訳者になる本2018」はそのタイトル通り、通訳や翻訳の仕事を始める前または始めたばかりの方を対象にした内容です。とはいえ、業界情報、インタビューなど、プロの方でも楽しめる内容です。

今日はざっと目を通した程度ですが、久しぶりに知り合いがほとんど載っていないという新鮮さがありました。斉藤隆央さんのインタビューとエージェントリストは、ゆっくりと読もうと思います。

とりあえず2冊

1月中は試験に集中するために本の購入を控えていました。積ん読状態の本だけじゃなく、欲しいものリストにもどんどん溜っています。すでに化石のように鎮座している本もありますが、そろそろ片付けていこうと思っています。

で、2月に入って購入した本を紹介します。まずは、先月発売されたアルク社の「翻訳事典 2016年度版」。

購入を控えているうちにすいぶんとSNS上で話題になっていた一冊です。アマゾンでもすぐに売り切れになるなど、今年の翻訳事典は一味違うようです。

私のお目当ては

  • プロ翻訳者の仕事場レポート
  • 友人の齊藤氏、国枝氏、新田氏の記事

です。その他にも知人が登場しております。ひいき目を差し引いても購入の価値がある一冊です。

一時期、翻訳事典の購入を止めていましたが、ここ数年は本当に内容が充実していて素晴らしいと思います。今回は「翻訳大賞」に応募してみようかな。猫先生、よろしく~♪

もう一冊。これは猫先生が購入されていたのをFacebookで拝見して気になっていた本です。

知っていることばかりですが、忘れかけていることも多いので、これを人に説明するとなるとブラッシュアップが必要です。図もわかりやすく、手元に置いておいて損はない一冊です。

在米中は、このQUE出版の本に大変お世話になっておりました。帰国時に随分処分してしまいましたが…

ブログではあまり本の紹介をしていませんが、これから本のネタも少しずつ増やそうと思います。

積み上がった本を片付けねば…

では、また。