文房具2点

どの本かは内緒だが、気に入った本にだけカバーをかけることにしている。とはいっても、お洒落なカバーではなく透明フィルムのカバーだ。積ん読状態で埋もれていても、何とか発掘しやすい。100均で購入できるので、お財布にも優しい。

在米時は透明のカバーフィルムをペーパーバックに貼り付けていた。こうでもしないとペーパーバックはすぐにボロボロになる。難点はきちんと貼るのが面倒なことだ。その点、100均の透明ブックカバーは手軽に使えて非常に重宝している。

サイズも文庫本サイズからA4までいろいろと揃っているのだが、なぜか単行本サイズ(四六版)がない。周辺の大きめの店に行っても見当たらない。100均を諦めて、文房具店に行ったがやはり見当たらない。田舎だから品揃えが少ないのかもしれないが。

ネットで探したところ、そもそもこのサイズは取り扱いが少ないようだ。どうしてもカバーをかけておきたい単行本サイズの本が増えてきたので、Amazonで購入することにした。もちろん100均に比べて多少高くはなるが、それでもせいぜい1枚30円程度である。

それと、もう一点、A5サイズのノート(ミドリMDノート A5)。

数名の知人に意外といわれたが、僕は手帳に記録するということが大の苦手。さらに、定まった形式でノートに整理するのもダメなのである。どうしているかというと、メモ帳の類に走り書きをしている。どのメモもほとんど落書き状態なのだ。まして、デジタルで記録、整理などできるものではない。アナログな頭の中は、仕事部屋同様、いつもごちゃごちゃしている。

これを何とかしようとまともなノートを購入してみた。万年筆でも書きやすいと評判で、ブルーブラック系のインクと相性がよいらしい。問題は、これに何をどう書くかである。

ちょうど今月の勉強会(ほんま会)でEvernoteの使い方、秋には手帳の使い方を取り上げるとのこと。習慣を変える絶好の機会になりそうだ。

 

コメント