2011年秋 京都 その4 一乗寺

三条駅から京阪電車に乗って、出町柳へ。
と、ここで上りと下りを間違えて乗っちゃいました。
慌てて、次の駅で乗り換え。

七条の駅ですが、ここは一旦改札を出ないと、反対方向に乗り換えられません。
お気を付けください(その前に乗り間違えるなよって話ですが…)

何とか無事に乗り換え、出町柳へ。
叡山電鉄叡山本線の駅に着きました。

IMG_1680

電車の紅葉マークが可愛い。

ワンマンバスのような電車が何とも言えぬ風情がありました。
ほんの少し揺られていくと、もう「一乗寺」の駅です。

IMG_1665

とっぷりと陽が暮れた小さな駅です。
初めての場所でこれだけ暗くなると、ちゃんと目当ての場所にたどり着けるか不安になりますが、そこは文明の利器(スマホ)の地図を頼りに、すいすいっと進んでいきます。
一乗寺と言えば、ラーメン好きには言わずもがなの場所。一度は訪れたいラーメン激戦地区です。
評判のお店は何店も有りますが、一度に何店も行くのはさすがに無理。
(昔は3軒はいけたものですが…)
今回は、「高安」さんを選択しました。

IMG_1674

入り口はこんな感じですが、店内はちょっと驚き。
明るい店内は、ちょっと見がカフェの様な感じです。
時期が時期でしたので、大きめのクリスマスツリーが飾ってありました。
大きな液晶TVでは、ムーミンが映っており、雰囲気がとってもアットホーム。
店員さんの接客態度もとっても腰が低く、ちょっと戸惑うくらい丁寧でした。
座った席の向かいの壁は、こんな風。

IMG_1673

お、おしゃれな.. うーん。

ともかく、中華そばを注文。
他にご飯と鶏の唐揚げのセットがあります。
ここは大きな鶏の唐揚げが有名のようですが、今回はパス。
麺は希望の堅さで茹でてくれます。
大抵のリクエストには応えてくれるそうです。

程なく登場した中華そばがこちら。

IMG_1669

いかにも京都の屋台ラーメンという感じ。
薄切りの叉焼とたっぷりの九条ネギ、そしてメンマが乗った、豚骨ベースのスープです。
決してしつこくありません。
濃厚な甘さですが、サッパリとして癖になる味です。
これが細めの麺とマッチしております。

インテリアのお洒落さと屋台ラーメンの素朴な感じの組み合わせが実に面白い。

テーブルには無料の「にらごま」があります。

IMG_1671

激辛と書いてあるように、本当に激辛です。
辛いものが得意な私も「これは」と思うほどです。
スープが甘いので、ほんのちょっと味を変えるには丁度良いと思います。
本当にちょっとにしましょう。

スープまでちゃんと完食。

サービスの良さ、味など、どれも満足のいくお店でした。
一乗寺のお店の中でも、常に上位にいる理由が分かる気がします。

この店には必ずまた来ようと思います。
他のお店も気になるのですが…

満足して、ちょっと道を変えて駅に向かうと、お洒落な書店が。

IMG_1678

時間も時間ですので、寄らずに帰ることに。
紅葉にもラーメンにも満足して、帰阪しました。

今年の京都旅行はこれでお終いですが、来年暖かくなったらまた行こうと思います。
今度は緑の頃かな…
行きたい場所がまだまだあります。
食べたいラーメンも、当然。
(たまにはラーメン以外もよいか…)

では、また。

高安さんの食べログはこちら

コメント