2015年の手帳

もうすぐ12月です。そろそろ来年の準備をし始めなければならない時期です。カレンダーはお気に入りのものを毎年購入しているので、売り切れないようさっさと入手しております。ただ、残念なのは、その中でも特にお気に入りの週めくりカレンダーが入手できないこと。出版社が昨年暮れに倒産したため、来年からは別のカレンダーになってしまいました。

カレンダーはともかく、今回はタイトルどおりに手帳の話。

この時期(ちょっと前ですが)になると雑誌などで手帳の特集が組まれ、文具店や書店にはスタンダードなもの、機能的なもの、ファンシーなもの、実にさまざまな手帳が並びます。SNS上でも紹介し合うなど、スマートフォンが全盛とはいえ、まだまだ紙の手帳は廃れそうにありません。

私は、大雑把な性格のせいか、昔からどうも手帳というものに馴染めずにいます。まともに手帳を使い始めたのも現在の仕事を始めてからで、真っ白なページの方が多い状態が続いています。なければないで困りますし…

そんなわけで、あまり手帳の話をしても仕方がないのですが、ここ数年なんとか使い続けているのが、コクヨのダイアリー、ウィークリー・バーチカルタイプです。

これに作業時間、内容、処理数をマーカーで色分けし、予定作業量、納期などを記入しています。さすがに実例はお見せできませんが、立派な手帳よりは気楽に使うことができます。

昨年までA6(文庫本サイズ)のものを使用していましたが、持ち歩くことはありませんし、デスク上でもすぐに見当たらなくなるので、来年からセミB5版にしてもう少し細かく記入することにしました。

仕事以外では、ベタですがほぼ日手帳を皮のカバーで使用しています。

文具好きですが、手帳の使い方には、あまりこだわらないようにしています。あるライターさんの「手帳術は飽きる」という一言に感化され、「XX術」には影響されないようにしています。型にはまらず、自分が好きなように書くのが一番ですから…

私がこういう手帳を買ったと思った人は1人くらいはいるよね。

ともかく、来年はきちんと記録を付けようと反省するのでありました。

では、また。

 

コメント