らーめんstyle JUNK STORY

台風も無事に去り、好天に恵まれた連休後半が始まりました。
連休とは言っても、相変わらずの貧乏暇なしです。
スケジュールは一杯一杯なのですが、そこは何とか調整して半日は休みを取ることが出来ました。
そして、金曜日と言えば、恒例のラーメン。

いつの間にか恒例になってしましましたが、当然別の用事も含めてのお出かけです。

先日、宮田麺児が新しい麺とスープで再開しました。行きたくてうずうずしているのですが、確実に混んでいると思われますので、今回は谷町九丁目にある「らーめんstyle JUNK STORY」さんに。この店は前々から気になっていたのですが、なかなか立ち寄る機会がありませんでした。

谷町九丁目は初めての場所です。
地下鉄を降り、地上に出て、店を目指すつもりが…
珍しく地下で方向感覚を失って、交差点を一周してしまいました。
出口からすぐだったのに…

ともかく、無事に店に着くと、お昼も1時を過ぎているというのに数人の列が。

IMG_1190

IMG_1192

手書きの絵が愛くるしい。

どのらーめんにするか、考えながら待つこと10数分。
わずか10席の店内に入ることが出来ました。

IMG_1194

(意外とお洒落)

期間限定など、ちょくちょく新しいらーめんがあるそうです。
で、頼んだのはこれ。

IMG_1195

「塩のキラメキ」という塩ラーメンです。
麺は中細。
トッピングは味玉、白髪葱、メンマ、そして「地鶏のタタキ」。
タタキですので、火が通ってしまわないうちにと、大急ぎで写真を撮りました。

IMG_1196

この地鶏のタタキの美味しいこと。
これだけでも充分な気分になります。

透明感のあるスープは、とても繊細な味です。
濃厚なスープが好みの人には物足りないと思います。
しかし、絶妙なバランスなのです。
しっかりと取れたダシ、トッピングの具材、そして塩が調和しているため、啜った後に口全体に広がる旨味が何とも言えません。淡麗なスープの奥深さを最後の1滴まで味わうことが出来ます。
らーめんを食べた日はその塩分のため、喉が渇くのですが、ここのラーメンは思いの外塩分が低いようで、あまり喉が渇いた感じはありません。

さて、いつものようにもう一品。

IMG_1198

昼夜各10食限定の「魚介白湯つけ麺」であります。
ラッキーなことに最後の1食にありつけました。
(運の良い妻であります)

全粒粉の中太麺に大きなチャーシュー。
スープは濃厚な白湯ですが、魚介と上手くマッチして、甘過ぎず、くど過ぎず、意外とスッキリした味でした。スープ割りをしても美味。さらに麺を追加 or ご飯を入れたくなりました。

大変美味しいラーメン、ごちそうさまでした。

らーめんstyle JUNK STORY:JUNK STORY ~店主の日々のあれやこれや~

食べログはこちら

 

 

コメント